img_02

iPhoneXが割れたらどこで修理するべき?

うっかりiPhoneXを落として画面が割れてしまった時、どこで修理してもらうのが良いのでしょうか。


Apple storeか、非正規の修理屋か…それぞれのメリット・デメリットを混じえて説明していきたいと思います。


まずはApple storeですが、こちらはもちろん正規のサービスである為、修理・交換後も安心感があるというのが大きなメリットです。

さらに90日間の保証もつけてくれます。

対して修理費用が比較的高いのが特徴で、iPhoneXなら12800円、その他のモデルなら14800円という価格。損傷がひどい場合だと2万、3万近くかかることもあります。



ただしApple care+という2年間保証に入っていれば二回まで7800円で修理サービスを受けられるので、もしもの為に加入しておくと良いでしょう。


またApple storeでの修理は本体交換になる場合が多いようですので、バックアップを取っておくことも必要になります。


次に非正規のiPhoneX専門の修理屋ですが、こちらは値段が安いことが特徴です。

修理屋にもよりますが、どのモデルもだいたい5000円から1万円前後で修理を受けられます。

さらに修理スピードも早く、早いところなら1時間ほどでさっと修理してくれます。

また部品の交換だけなので、本体のデータは消えず、バックアップを取る必要はありません。
ただAppleの正規サポートが受けられなくなること、他のパーツに異常をきたす可能性があるなど、リスクが多いことも特徴です。

サポートを受けられなくても良いという方や、急を要している方には、メリットの多い非正規の修理屋をお勧めします。
iPhoneXは他社のスマートフォンとアフターケアの形態が全然異なります。

他社のスマートフォンはキャリヤの窓口がアフターケアの窓口になるのに対して、iPhoneXは持ち込みの場合、直接窓口となるのはAppleストアもしくは、Appleの正規サービスプロバイダに持ち込むことになります。

しかし、AppleはAppleケアによるサポートが充実しているので、直接持ち込む必要もありません。
PCにつないでiTuneを利用している場合などは、Appleのサービススタッフとチャットでやり取りしながら、修理の方法などを打ち合わせる事ができます。

そして、修理というより、Appleの場合は交換になってしまう(新品もしくは、新品同等品)ので、エクスプレス交換サービスが利用可能な場合は代替機を用意する必要も無く、交換品が先に送られてきます。

そして、修理に出すiPhoneXのSIMカードを抜き、送られてきたiPhoneXに差し込むだけの手間がかかるだけ。

新品を受け取ると同時に、故障したiPhoneXをその場で手渡します。
梱包する必要もありません。
窓口で、販売員と相談しながらやり取りしなければどうしていいのか分らない・・そんな方には、窓口で面前対応してもらうのが安心ですし、「何を質問してよいのか分らない」そんな場合にも窓口の存在は重要でしょう。

しかし、ある程度の知識があればAppleのようなサービスはわざわざ出向く手間が省けるために、利用しやすいシステムです。

世界的に愛用されているスマートフォンであるiPhoneXは、電話やメールなどの基本機能が使いやすく設計されていて、ユーザーの利用頻度が多い機能を多数搭載していますので、非常に便利なツールとして浸透しています。

iPhoneXは、精密機械であり、衝撃などによって各パーツが破損してしまいます。

その為、ケースなどを使って本体を保護しますが、時には不意の事故によってiPhoneXを破損させてしまう事があります。


そのような時に役立つのが、修理業者です。
国内にはiPhoneXの修理を行っている修理業者が数多くありますので、業者の選択を行なう必要があります。
修理業者を使うメリットは、メーカー修理よりも短期間で修理を終える事ができ、料金も安くなるということです。
修理メニューとしては、ディスプレイの破損修理、バッテリーのリフレッシュ、電源ボタンの修理などがあります。

ディスプレイの破損は、比較的起こりやすい故障です。本体を地面に落としてしまってディスプレイに強い衝撃が加わりますと、ヒビ割れなどが起こります。

この部分を修理するには、ディスプレイユニットの交換を行なうのが主流です。


電源ボタンの故障は、経年劣化などによって、スイッチ部分が磨り減ってしまって、電源のオンやオフが出来なくなってしまう症状です。この故障は、電源ボタンを交換する事で修理が出来ます。

水没事故による故障では、使える部品を選別して、交換が必要な部品だけを交換する修理方法を採用している業者も存在しています。

iPhoneXは、高機能なスマートフォンであり、電話や電子メール機能などの基本的な機能はしっかりとしていますので、携帯電話として使う分には十分な性能を持っています。
アプリと呼ばれる小さなソフトウェア群を使いますと、iPhoneXの機能を向上させることができ、より利便性の高い情報ツールとして利用出来ます。
様々な機能が搭載されているiPhoneXは、高速なネット回線を使うことで、インターネットの利用がスムーズに出来ます。

iphoneXが故障した際の対処も知っておきましょう。

しかし、落下の衝撃で本体を落としてしまったり、水溜まりなどに落としてしまったりする事で故障してしまいます。

そのような時に、修理に出すのが有効な手段であり、メーカーの修理サービスや修理専門業者を使うのが有効です。
修理箇所によって、修理料金は大きく変わってきます。

ディスプレイを破損した場合には、ディスプレイの交換が主ですので、数万円の修理料金が必要になります。

経年劣化によるバッテリーの消耗は、バッテリーリフレッシュサービスを使いますと、再び、iPhoneXを使えることが多いです。

電源ボタンの不具合であれば、電源ボタンを新しい物に交換することで電源ボタンの機能を取り戻すことが可能です。


修理業者によって、修理料金は異なってきますので、業者のサイトに掲載されている料金表を確認したり、複数の業者に見積りをもらって、修理条件の良い業者を選択するのが良いでしょう。



修理を行なう事で、愛機を再び使えるようにし、専門業者の中にはデータを消去せずに修理を行ってくれる所もありますので、メーカーよりも利便性が高い事があります。