Skip to content

水漏れ・つまりが起きた時に理解しておくべきポイント

水漏れ・つまりが起こるようなことが起こってしまうと、それだけで水道代が掛かってしまうばかりか建物の建築材などにも影響を及ぼして建物全体の寿命を縮めてしまうといった危険もあります。

しっかりと原因を突き止めて解決していくことは、一刻も早くやらなければいけないことです。特に原因として考えられるのは同じ建物に10年以上住んでいるような場合であれば、部品などが劣化してしまっているというケースです。

運良くその設備のメーカーに部品の在庫があれば、それを交換するだけで進みほとんどお金はかからずに治すことができますが、場合によってはその設備全体を交換しなければいけないといった事態になる可能性もあるので、注意しておきましょう。さらに酷いのが排水管の一部が破損してしまっているようなケースです。赤錆などによって穴が開いてしまって、水漏れ・つまりが起きているというようなケースであれば大掛かりな工事などが必要になります。一刻も早く業者に相談してみることがおすすめです。

特につまりなどでも、水漏れ・つまりの原因となりえます。水漏れを自力で治そうと考えているような時であれば、どうしても必要になるのがボルトを回す際に必要なレンチや小さな部品を取り出すときに便利なピンセットなどが、必要です。またネジを外すためのドライバーや蛇口を取り外すための、水栓レンチなどといったものを日頃から備えておくことが大切です。もうすでに水漏れなどが出てしまっているような時は、道具を揃えるのもお金がかかってしまうため業者にお願いしてしまうほうが良いでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *