Skip to content

自分で簡単に行えるトイレつまりと水漏れ修理のコツ

水回り設備は戸建て住宅だけでなく、マンションやアパートでも2か所以上に備わっているものです。

トイレや浴室・洗面所にキッチンなど、その場所でも毎日数十回は使用するうえに家族全員共用ということで必然的にトラブルも発生しやすいのが特徴です。トイレの水が流れなくなった、蛇口のハンドルを閉めているのにポタポタと水が漏れているという現象を経験されたことはありませんか。これらのトイレつまりや蛇口の水漏れは特に発生しやすいので、自分でいつでも修理できるようにしておくのが望ましいです。

水回り設備の修理は一見すると難しそうに感じますが、実は非常に簡単なものです。ある道具と部品さえ買い揃えればいいだけで、どれもホームセンターで購入できます。トイレつまりであれば「ラバーカップ」を購入し、蛇口の水漏れだと「止水パッキン」を入手するだけです。トイレつまりを自分で修理する際のコツは、ラバーカップをしっかりと排水口に押し当てて空気を完全に抜くようにします。

この道具は真空圧の力を利用して排水管内に詰まっている異物を取り出すものです。排水管内を真空状にするには、カップが完全に凹んだことを確認してから力一杯引っ張りましょう。蛇口の水漏れの場合は、止水パッキンを交換する前に蛇口部分のネジ山に防水テープを一周分巻きます。こうすることでネジ山の隙間から水が漏れ出るのを防いで、長期間パッキンが劣化しないように保つことができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *