Skip to content

トイレのつまりと水漏れで困ったとき

生活には欠かすことができないトイレですが、水漏れやつまりなどの水回りのトラブルが起こりやすい場所です。

長く使っていると水道管のつなぎ目の締め付けが緩んで水が漏れてくる、便器内には汚れが蓄積されてつまりが生じるなど経年劣化でトラブルが発生することもありますが、これらの症状の中には比較的新しい設備でもおきることがあります。タンク付きトイレは主流になっているものですが、タンクから便器に流れる水量が多いのではないか、このように考える人の中にはタンク内に異物を入れて容量を少なく調節しているケースも少なくありません。

容量が少なくなればタンクにたまる水が減るわけですから一度の流れる量も当然減る、結果的に節水効果があるなどと考える人も多いわけです。タンク内の水量はトイレを使い終えた後の汚物を押し出すための水圧を作るために計算されているもの、水圧が低いと途中で異物がとどまるなどでつまりが起こりやすくなります。

さらに、タンク内はメカ的な動作で内部の機構が動きますので、異物を入れることで機構の一部が正常に働かなくなり便器への水漏れが生じることもゼロではありません。タンク内には便器に流すための排水弁が設けてありますが、この弁はいわゆる蓋になるもので隙間が空いてしまうとそこから水が流れ出てしまう、時間が経過しても流れが止まらない状態になることもありますので、異物を入れている場合にはそれを取り除く、これがトイレのつまりや水漏れ防止に役立てることができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *