Skip to content

トイレのつまりや水漏れが起きた時の対応

トイレでつまりや水漏れなど水のトラブルが発生した場合、直ちに電源プラグを抜いたりビニールシートを敷いたりなどの応急措置が求められます。

つまりと水漏れでは対応が異なるものの、トイレを汚さないための配慮として必須です。その応急処置に必要なアイテムはゴム手袋に雑巾、ビニールシートや新聞、マイナスドライバーが挙げられます。これらを用意してからでもいいですが、先述したように電源プラグ、すなわち電気を使用している温水洗浄便座であれば感電予防のために、すぐにでも抜かなくてはならないです。

勿論抜いた後は水に濡れないところに、電源プラグを置く事を忘れてはならないです。次にすべき行動は止水栓を閉める事とビニールシートを敷く事で、前者はマイナスドライバーを使えば簡単に閉められます。基本的に止水栓はタンクの横にある元栓なので、探す事も閉める作業も難しくないです。ビニールシートを敷くのは水漏れに効果的で、トイレ全体を汚さないためにも欠かせませんが、自力でつまりを直そうとする場合でも汚れ防止になります。

ちなみに止水栓を閉める事も、自力で直す作業の助けとなるので、覚えておいて損はないです。トイレの水漏れならこれで十分ですが、つまりで、しかも自力で改善していくなら水位を減らしておく必要があります。水を減らしておけば異物は取りやすく、水に溶けやすい排便が邪魔していた場合でも、それを溶かす熱湯を注ぎやすくなるからです。水位の減らし方は灯油ポンプを使い、バケツに水を汲んでいく方法が一般的です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *