Skip to content

個人家屋で発生する下水道詰まりの修理の概要

トイレや浴槽・流し台のシンクなど、使用した水は必ず排水口から下水道へと流すことになります。1日に何十回と水回り設備を使用することになりますが。その回数だけ下水道に汚水を流しているということです。通常は汚水のみしか下水道に流さなければ下水道詰まりは起こることはありません。

ところがトイレであればペーパーを一度に大量に流したり、ペットの排せつ用砂を誤って流すことで下水道詰まりを引き起こす可能性があります。この詰まりが起きると排水口から汚水が逆流してくる・低い音が絶え間なく聞こえるので、この現象に心当たりがある場合は早急に専門修理会社に連絡しましょう。個人家屋では比較的下水道詰まりは発生しやすいのが特徴です。それは下水管が日本工業規格で直径4cmのサイズのみしか敷設できないと定められていることに起因します。

一般家庭では気を付けていても異物を下水道に流してしまうことは多々ありますが、下水道詰まりは専門修理会社であれば迅速に短時間で解決してくれるので、さほど深刻な問題にはなりません。専門修理会社で実施されている修理方法は、「パイプクリーナー」という専用の道具を使って異物を除去します。このパイプクリーナーとは1.5m~2mほどのワイヤーの先端にステンレス製のブラシが備わっているのが特徴です。これを汚水桝から下水道へと挿入していき、配管内に詰まっている異物を絡め取って詰まりを解消していきます。

下水道詰まりは自分で対処するのが難しいので、発生した際は必ず専門修理会社を頼りましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *