Skip to content

水道詰まりの原因と修理方法

キッチンやお風呂場などで水道詰まりが起きて修理が必要な場合、その原因は水以外の遺物が一緒に混ぜてそれが詰まることで起きます。台所の排水口は食べ物のカスや調理で使った油など、浴室だと髪の毛や体を洗う時に出るシャンプーや石鹸かすなどです。排水口には異物を取り除くフィルタリング機能があって、フィルターで異物を取り除ければいいですが、それが出来ないと排水口付近や排水管へとこびりつきます。それが蓄積されるとつまりなどを起こします。

水道詰まりの修理の基本は蓄積された異物を取り除くことで、流したり・吸い込める流動性ならそれを流したり吸い取ることで取り除けます。水が流れなくなったり、流れにくいときは排水口の蓋からトラップまで分解します。トラップで原因が見つかったら目に見えるものばかりなので、詰まっている物を取って汚れている個所を掃除します。トラップ前とホースで詰まることもあるので要注意です。

一般的に水道詰まりの修理でよく行うのがパイプクリーナを使う方法で、軽いつまりや詰まりそうなときに向いてます。これにはキッチン用とお風呂場用があり、汚れを落とすというよりも溶かす・分解する力を持っていて一般的な洗剤よりも強めです。掌の皮膚などを分解する力があるため、商品の説明をよく読んでからボトルから適量、排水口へ注いで30分程度待ってから水で流します。流し込んでから量が少ない、放置時間が長いと失敗する恐れもあります。

とくに汚れを落とすために放置時間を長くしやすいですが、あまり放置しすぎると溶けた汚れが固まってしまい、排水管のつまりの原因になります。特にお出かけ前にパイプクリーナーを使うことは避けたほうがいいです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *