Skip to content

トイレの2大トラブルといえば、詰まりと漏れ

トイレの2大トラブルと言えば、「詰まり」と「漏れ」です。どちらも比較的頻繁に起こりやすいものですが、経験を積むと自分でも対処する場合も少なくありません。たとえば、トイレットペーパーや大便などが「詰まり」の原因に場合は、ラバーカップが一つあると簡単に解決することができます。便器の中をラバーカップでかき混ぜてやれば、「詰まり」が解消する場合が多いです。

ラバーカップは100均でも売っているので、一つ常備しておくと安心です。誤ってトイレットペーパー以外のものを流して詰まらせてしまった場合は、自分では手に負えない可能性が高いです。そのような場合には、プロに修理を依頼するのが良いでしょう。独自のノウハウでスピーディに問題を解決してくれるでしょう。

「漏れ」に関しては、どこから漏れているかが問題となります。水を流した後、いつまでも便器の中に水が流れてくるなら、便器の中のゴムフロートの劣化が考えられます。ゴムフロートを交換すれば水漏れは止まります。比較的簡単な修理なので自分で行うことも可能です。

また、給水管や止水栓から水が漏れている場合は、ゴムパッキンの劣化が原因となることが多いです。ゴムパッキンを新品に交換すればOKなのですが、給水管はくねくねと曲がっているために、正しい位置にきちんとゴムパッキンを固定するのが難しいときがあります。水圧は想像以上に高く、きちんと固定されないと水が止まりません。そのような場合には、無理をせずプロに任せましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *