Skip to content

素人による詰まりと水漏れ修理には限界がある

家庭で起こり得る水回りのトラブルで上位を占めるのが「詰まり」と「水漏れ」です。詰まりはトイレットペーパーの使い過ぎといった決定的な原因がなくても、長年の汚れによって起こることもあります。放っておくと、排水管から鼻につくクサイ臭いが上がってきてしまい、季節によっては玄関に入った途端に臭うほど家中に充満します。また、水漏れが起こると床が黒ずんで傷みますし、カビが生えて汚くなることもあります。

一度カビが生えると、綺麗にするためには床板を変えなければならないこともあるでしょう。水道代も高くつきますし、水の垂れる音が定期的に聞こえると精神的なストレスにもなります。詰まりと水漏れが発生したらできるだけ早く対処することをおすすめします。まずは自分で解決できないか探ってみることも大切ですが、そのためには排水管やトイレなどの基礎知識が必要になりますし、修理方法を模索するなど時間と手間が必要になります。

あまり修理が得意ではない人や忙しい人は、早い段階でプロに修理を依頼することも検討しておく方が良いです。ラバーカップを使っても詰まりが直らない場合や、パッキンを交換しても水が垂れる場合などは、他に原因があることがあります。思っているよりも奥で詰まっていることもありますし、蛇口や温水洗浄便座そのものが古くなっていることも考えられます。素人の修理には限界があることを理解し、適当に分解して元に戻せないといった新たなトラブルを防ぐためにも、無理だと思ったらそれ以上触らずにプロに任せましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *